• 初等科
  • 中等科
  • 高等科
  • 個別指導科
HOME > 合格体験記

合格体験記     中等科

第一志望校に合格した学院生たちから寄せられた体験レポートの一部をご紹介いたします。

高等科

2014

オール合格おめでとう。

K・O君(ガッチャ)

都立三田高校合格  駒込(スーパーアドバンス)・国学院・法政二

 皆さん合格おめでとうございます。そして僕もオール合格おめでとう。とにかく2年間楽しく頑張って来れた麻布学院にありがとうと言いたいです。しかし、全部受かってから書くのも気が引けるのですが、自分自身に少々悔いが残ってしまいました。麻布の授業は楽しくて、分かりやすくて文句のつけようがありません。でも、自分は先生の指導通りにやってきたかと言うとちょっと手抜きがあったり、焦ってみたり、各担当の先生からしょっちゅう指摘を受けていました。
こんな僕でもオール合格できて文句があるはずもないのですが、もう少し気合を入れておけば良かったかもと後悔しています。
「後悔先に立たず」と言うことの意味が今ほど身にしみて分かるような気がします。先生に言わせれば、「今を乗り越えたからそう思うので、これから先の肥やしになるぞ」とのことですが、合格で喜んで、次の瞬間「もっとやっときゃ・・・○○まで行けたかもなんて欲が出てしまいます。
同じ欲を出すなら早いうちに出しておいた方が良いです。この欲を高校では1年からぶつけて行こうと思っています。
自分の後悔話はさておいて、成績も文句なく伸びて実力もついて、楽しく2年間通い通せたのはなんといっても麻布の先生方のお陰です。
とにかく楽しい塾です。塾なんて思えないくらい楽しいところです。授業はしっかり丁寧で、思わぬところで冗談をぶっこんで来る先生方ばかりです。ぜったい麻布の先生方にはお笑い系の才能があると思います。ある先輩から聞いた話ですが、以前、都立小山台高校で、入学直後その先輩と偶然同じクラスになった人から「俺が行ってた塾って激楽しかった
と聞いて、「いや、俺の塾も風変わりな所だった
という話になったそうです。話してる内に「お前の行ってた塾ってどこよ?」「俺麻布ってとこ」「俺も麻布」お互いに「マジカヨォ・・・」と言いつつ「それって麻布校のO先生だろ・・・」「それって尾山台校のIセンだろ・・・」と話が盛り上がって友達になったそうです。こんな塾ってきっと麻布以外にないでしょう。麻布校では「Iセンの話が」、尾山台校では「O先生の話が」出ているようで、先輩たち二人で麻布校と尾山台校を回ったらしいです。もうこれ以上語らなくても麻布学院ってどんなところか想像できると思います。とにかく一言、麻布は良い塾です。来てみればわかります。先生方は「おい、宣伝しておけよ」と言いますが、決して自分から宣伝しようとしない他力本願です。まるで僕の受験みたいな塾でした。
どういうポリシーで宣伝しないのかはっきり聞いたことはありません。僕も大学へ合格したら麻布に戻ってその真意を探りたいと思っています。
 
 最後に、麻布の先生方、本当にありがとうございました。必ず後輩を教えに戻りますから、その時は不採用にしないで下さい。

「辛」+「一」=「幸」

M・Oさん(ホワイト&シルバー)

都立世田谷総合高校・日体大荏原高校

「できるだけ早く対策しておいた方がいいよ」と言われても実感わかないし、まだ時間があるから大丈夫だろう・・・と私はずっと思っていました。
 それは、入試が近づかないと分からない恐怖をまだ知らなかったからです。入試1ヶ月前になっても自分が受験生だという実感が持てず、入試2週間前になってやっと焦り始めました。
 私は学院へ来るのが遅すぎた感があります。それまで行っていた塾でなんとなく中学生活を過ごしていました。実は以前から学院のことが気になっていたのですが、なかなか決めかねていました。そんな時、Tさんのお母さんからとても良い先生方だと聞いて面接を受けてみました。それで学院に入ることにしました。分からない所があれば根気よく教えてもらえ、今まで分からなかった所が一つ一つ分かるようになりました。おかげで成績も上がり、勉強が楽しくなって来ました。それでも受験生という自覚がなく、楽しく勉強に取り組むだけの日々でした。入試1ヶ月を切る頃になって猛勉強を始めました。塾でも学校でも家でもひたすら勉強しました。学校の教室の雰囲気も重苦しくなっていて、精神的にも疲れ果て、ストレスもたまりました。ネガティブなことばかり考えてしまい、泣いてしまったこともありました。どたんばまで来て初めて知った受験の苦しさでした。でも、これを乗り越えなければと思い、学院の先生方に励まされ、合格の日を信じて私なりに頑張りました。3年になると、1・2年の時よりも1年を短く感じます。他の人達と比べると私のした経験は決して良いものではないかも知れないけれど、この経験は確実に私を強くしてくれたと思います。後輩の皆は、私の様にのんびりし過ぎないで一日一日を大切に、悔いの残らない様に頑張って下さい。
 
 麻布の先生方、本当にこんな中途半端を最後まで励まして下さってありがとうございました。もっと早く麻布に来ていればと悔いが残ります。いつまでも元気で頑張って下さい。

 自分がカッコイイと思っている台詞
今が辛いなら、一つだけ本気で頑張ればいい。そしたら「幸」がやってくるから。
「辛」+「一」=「幸」

ヤッホー全部合格しました!!

Y・S君(大豆は畑のお肉です)

都立竹早高校・東洋高校(特進)・明治学院

 隣のI君がパーフェクト合格と自慢を書いているので僕も書きます。ヤッホー全部合格しました!!。
ということで、僕が麻布へ入ったのは中2の夏からです。兄がこの塾から第一希望校へ合格したので当然の様に入って来ました。兄よりできの悪かった僕は、兄と比べられたら嫌だなぁと思いながら入学したのですが、兄は兄、君は君を貫いてくれた先生方に先ず感謝です。兄弟のそう言うちょっと複雑な心理を麻布の先生方は熟知していました。ですから、できの悪い弟も安心して通える塾でした。今ではできの悪い弟とは言わせません。ちなみに兄は浪人中です。とにかく、麻布の先生方はめちゃめちゃ丁寧に教えてくれます。それも分かるまで何度でもです。またさまざまな考え方や捉え方で1つの問題を解説してくれます。おかげで物分りの悪い僕にもしっかり理解できました。麻布では一に復習二に復習です。復習ノートと溜まっていくプリントのファイルを見ると感動します。いつも先生が言っていた「自分の歩いてきた跡を残せ」の意味が受験直前に分かりました。それに「分かったつもりからの脱出」の意味も、もう一度解き直すことで身を持って分かりました。でも考えてみれば当たり前のことなんですよね。その当たり前のことが当たり前にできていないんですよね。僕は高校へ行っても、この学院で身につけた、できそうでできない当たり前のことをしっかり実行していこうと思っています。それから、僕が大の苦手だった社会の力、めっちゃつきました。今は得意教科と言っちゃいます。麻布の社会は独特な方法です。これがすごいと思いました。ここでは詳しく書きません。来た人だけの特典です。
入学面接の時に「監督の指示に従わない選手は時間とお金の無駄ですよ」と言う塾なんてないと思うけど、麻布の先生ははっきり言います。これも当たり前のことだけど、言われると妙に納得してしまいます。実は、麻布って当たり前のことをやってるだけで、世の中が儲け主義で、それを知らないうちに当たり前だと思い込まされているのかも知れない。
 
 麻布の先生方、いつまでも世の中の儲け主義に逆らって正統派を貫いて下さい。そして、いつも笑いの絶えない授業で後輩を引張上げて下さい。本当にありがとうございました。絶対また来るからよろしくお願いします。

私が求めていた「自由な学習」

H・Uさん(紅雀)

都立小山台高校・桐蔭学園

 麻布学院を一言で説明すると「自由」という言葉が合致すると思う。楽しく勉強のはかどる塾です。先生方もユニークな方々ばかりで、勉強面だけではない多くのことを教えてもらいました。私が求めていた「自由な学習」とはまさにこのことだったのです。おかげで偏差値が70
近くにまで上がりました。これは事実です誇張ではありません。とにかく楽しくて勉強をしっかり教えてくれる塾は滅多にないというか、ここしかないのではないかと思います。 小テストでポイントを貯めると商品(文房具)が貰えるのも楽しみでした。I先の手にかかるとどんな難解な問題でも一瞬にして分かっちゃいます。こんなにアットホームで頭も良くなる塾は他にはありません。ついでに言うと授業料が安いのです。楽しくて勉強がはかどり授業料が安く超お得な素晴らしい塾ということになります。無事第一志望にも合格できました。
 麻布学院には本当に感謝しています。ありがとうございました。

「親切、丁寧、楽しい、分かる、解ける、伸びる、受かる」が麻布学院です。

Y・I君(何故かおっさんと呼ばれた中学生)

都立三田高校・桐蔭学園(理数)・法政大学高

 や・り・ま・し・た!。パーフェクト合格です。とにかく嬉しいわい。
しかし、僕が麻布に来て得たものはパーフェクト合格だけではありません。H君、S君、O君という良きライバルがいればこそここまで頑張れたと思います。他の皆は僕をライバルとか思ってなかったりすると思う。言葉を変えて言うなら、いい友達に出会えたことも最高の思い出となりました。あのクソ暑い夏、そしてクソ寒い冬の帰り道、皆でチャリンコを激走させたこと(後輩の皆は絶対に禁止です。)などなど。麻布に通い始めてから勉強が嫌だとかきついとか思ったことがありません。ただひたすら楽しかった思い出ばかりです。もうこれでおしまいかと思うとなんだか物足りないくらいです。それはそれとして、「親切、丁寧、楽しい、分かる、解ける、伸びる、受かる」が麻布学院です。
勉強の仕方がわからなかったら麻布に来なさい。成績を伸ばしたかったら麻布に来なさい。合格したかったら麻布に来なさいです。
行く学校を決めていたのだけど、友達と約束をしていたので出願した学校は全部受けました。
ところで、麻布の先生方、どうして宣伝しないのですか。まー、頑固一徹、来たい人は来なさい的な学院ですが、ある程度宣伝しないと困っている受験生が大勢いると思います。
毎日のように山のような塾の広告が入っています。自分の通っている塾の広告が毎日毎日入っているのもなんだか嫌だけど、ある程度はしても良いんじゃねぇ・・・と思います。
 
 最後に、麻布の先生方には本当に感謝、感謝、感謝です。力もついて成績も上がって全部合格できて、楽しく、本当に楽しく受験を終えることができました。
 これからも体に気をつけて後輩のために頑張って下さい。本当に有難うございました。

受験直前まで楽しくそして充実した日々を過ごすことができました。

R・H君(シャーロック)

筑波大付属

私が麻布学院に入学したのは中2の冬からでした。それまで、中1から某大手塾に通っていました。ただ言われるままに、ガムシャラな1年半を過ごしましたが、中2の夏休み過ぎ、何かが自分の中で崩れました。自信とか成績とかでなく、何かがはっきりと崩れて行くのが分かりました。それでも友達から脱落者だと思われることが嫌で、親にも言わず通い続けました。そんな時自分の体に変調が現れるようになりました。結局その塾を辞め、精神的にもどん底になってしまいました。中1から目指していた国立も諦めて、半ばやけになった日々が続きました。そんな時、私の叔母が「麻布学院って良いらしいよ」と言う話を持ち込んで来ました。国立は無理としても適度な高校へは入りたいしと悩んでいた私は、正直言って「ここで大丈夫?」と思いつつ面接に行きました。そのとき麻布の先生がおっしゃった言葉がとても印象に残りました。それは「はい、ここは再生工場です。君にその気があるのなら国立を目指しましょう」「結果は後から付いて来るものです」でした。半信半疑で「そこそこの都立に入れればいいや」と思いつつ私の学院生活が始まりました。学院に入ってまず感じたことは「今までと違う。全然受験の捉え方が違うということでした。授業が楽しいと言うより可笑しい。激丁寧、宿題も多くない。でもかなり高度なことまで教えてくれる。いま思うと、なんだかふてくされていた自分が馬鹿みたいに思えました。そして再び私の中に「姉には負けたくない」と言う心が芽生えはじめました。受験直前まで悲壮感漂うことなく、楽しくそして充実した日々を過ごすことができました。そして、結果は第一志望へみごと合格。文句なし。嬉しくて仕方がありませんが、麻布の先生方に教えられた物事の考え方、捉え方をこれからも自分のものとして頑張って行きたいと思います。麻布は先生方が全員出身者で、最初は驚きました。とにかく私が抱いていた塾という固定観念を全てひっくり返されたところです。論より証拠。勉強に受験に迷っている人は麻布学院へ来てみればわかります。先生方、本当にありがとうございました。これからも迷える受験生のために頑張って下さい。私は今舞い上がっています。

学院は「勉強」の根本から教えてくれるのです。

K・Tさん(自称メンチカツ評論家)

都立雪谷高校・目黒学院プレミアムコース・朋優学院進学コース

もしあなたが「自分は勉強ができない」とか、「勉強の仕方がわからない」なんて思っているのなら、ぜひ麻布学院へ学びに来ることをおすすめします。
私も中2の秋頃から、徐々に難しくなっていく勉強について行けるか不安になり、この学院へ入学しました。学院に入学してから私が驚いたのは、麻布学院の先生は先ず勉強方法から教えてくれたことです。それまで他の塾へ通っていたりもしたけれど、教わり、宿題が多量に出て、それをこなすだけで四苦八苦して精一杯でした。そしてそれが塾なのだと思っていました。しかし、学院は「勉強」の根本から教えてくれるのです。
麻布学院は多量の宿題が出たりしません。その代わり復習ノートを作って、授業で習ったところ、課題で添削されたところをもう一度途中経過を重視しながら解くことに重点が置かれていました。当たり前の勉強の基本が「分かっているようで分かっていなかった」のです。学院ではそこを何度も何度も指摘してくれます。ふと気を抜きそうになった時も先生に指摘されます。ただ数多く問題をこなせば良いというものではないことがよくわかりました。私はこの学院で教わったやり方で、無理なく、楽しく、しかし確実に自分の学力を上げながら受験勉強をして来れたと思います。また、麻布学院のもう一つの魅力は、個性的な先生方ばかりで、授業がとても楽しいということです。そして分かりやすい、そんな充実した授業が受けられることです。そして、常に私達一人ひとりを気にかけ分かるまで熱心に解説してくれることに尽きます。そんな麻布学院は、きっとあなたの勉強を最後までサポートしてくれるはずです。自分の勉強に不安があるなら、尚更この学院で本気できちっと私たちに向き合ってくれる先生方と一緒に頑張ってみて下さい。
 国語、英語も言うまでもありませんはが、数学バカの私を数学大好きに変身させて下さったIセン。数学のチャイチーノートって本当に最高です。それまで色々勘違いをしていたことも気付きました。それに社会の授業も最高でした。私の中に本当に引き出しが増えました。一つのキーワードから多くのつながりを連想していく授業は私を最強にしてくれました。高校へ行ってもこの手法で大学を目指して頑張りたいと思います。
 最後に、もっと早く麻布にいけばよかったと後悔しきりです。宣伝してくれないから母の知り合いに紹介されるまでわからなかったじゃないですか。皆のためにも少しくらい宣伝して下さい。
 先生方本当にありがとうございました。また自習室使いに行きますのでよろしくお願いします。先生方元気で頑張ってください。

本気で向き合ってくれる駆け込み寺でした。

Y・S君(一輪車の男)

成城高校・国学院高校

実は、僕は中2の後半まで勉強ができなさすぎて、ある塾を半ば追い出される形で辞めました。そんな僕が最終的に辿り着いたのが麻布学院という訳です。
麻布の国語は問題演習を重ね、なぜそう言う解答になるのか解説を丁寧に重ねていきます。それも生徒の興味を引く授業で楽しい授業でした。文句なしです。
数学の授業は楽しくてしょうがなかった感じです。大の数学苦手の僕が、メキメキ力をつけることができたのも先生のお陰だと感謝しています。
なんと受験時には数学が得意教科になっていたのは自分でも不思議です。ハイレベルな問題も解けるようになり、正直言って第一志望の成城に合格できたのも数学のお陰です。チャイチーノートは素晴らしい!!。点数をつけるなら100点満点の授業でした。
英語については、解説を後で見て覚えるというより書いて覚えました。麻布必殺ノートがなければ関係代名詞を乗り越えることができなかったと思います。文法は学校ではほぼ全くと言っていい程触れないので、学院が頼りでした。とても楽しく英語力を伸ばせたと思います。
僕は麻布に入ってやってみれば出来るんだということを知りました。最初は蔦に覆われたちょっと妖しい・・・イメージが有りましたが、中身はちょっと可笑しく、大いに楽しく、そして本気で向き合ってくれる駆け込み寺でした。
 1年前の僕は、偏差値65の学校が受かるなんて考えてもいなかったのです。成績ってこんなに上がるものなのかと我ながら感心しました。本当に麻布学院には感謝以外言葉がありません。次は大学受験に向けてマジで頑張ります。高校へ行っても時々顔を出しますので宜しくお願いします。

ページの先頭へ

2012

「麻布学院マジック」

Y・Kくん

都立富士高校・國學院高校・東洋高校(特進)

 僕が麻布学院に入学したのは中3の6月でした。
中3の6月になって慌てて麻布に駆け込んだスロースターターの僕は、
まずこの塾に入って思ったことは、どうしてもっと早く来なかったのだろうという後悔でした。
壁なんてどこでも同じだと思っていたのですが、麻布は他の塾とは全然違いました。
まず授業が楽しいこと。塾に通うことが苦にならないこと。
グイグイ勉強が身についていく実感が持てることです。
今迄通っていた個別指導の塾がとってもいい加減に思え、そのくせ高い費用だったと後悔しました。それに、麻布の先生は話してくれる話が楽しくて、興味深いことがたくさんありました。
数学もなぜそうなるのかを徹底的に教えてもらいました。だから、問題を解くときも解き方に走るのではなくて、理屈を納得した解き方ができましした。あまり勉強が好きでなかった僕は、
今まで勉強が楽しいと思ったことがありません。
そんな僕でも勉強することの楽しさを教えてくれたのが麻布学院です。
個別塾に通っていた僕は、クラス授業でやっていけるかどうか不安がありました。
クラスの中で埋もれてしまうのではないかという不安もありました。
でも、そんな不安は体験授業で吹っ飛びました。とにかく楽しい。
何だろうこの雰囲気はと思いました。知らないうちに分かる、解ける。
なんだか麻布学院マジックにかかったようでした。スタートは4クラス中3番目のクラスからスタートし、上のクラスにいる友達に追い付きたいと気合いが入りました。
結局はそれがやる気であって、受験勉強なのだと今になって思います。
最終的には一番上のクラスへ上がることもできました。そして、無事第一希望に合格できました。こんな僕を引っ張り上げてくれた麻布学院の先生方、本当にありがとうございました。
後輩への一言。本気で力を付けたい、合格したいと思うなら「麻布学院しかないしょ」。
 高校へ行っても、麻布学院で学んだ勉強の楽しさを忘れず頑張ります。

「自分が一番行きたい学校へ行こう、それが受験だよ」

K・Aさん

都立小山台高校・東洋高校(特進)

 私は姉が麻布に通っていた事もあって、中1の夏から通い始めました。
麻布のことは姉からも聞いていたので大体のことはわかっていたつもりでした。
でも、入学してみると姉から聞いていたよりも強烈な印象がありました。
世の中にこんな先生がいるのか・・・と思えるほど楽しいのです。これは本当です。
もし塾探しをしている人がいれば、体験授業を受けてみればわかります。
「百聞は一見にしかず」です。そして、ただ楽しいだけではありません。
しっかり分かるまで教えてもらえます。それも分かりやすく。
「塾だから当たり前だろう」なんて思っている君。その当たり前が学院は一味ちがうのです。
私は週3回の授業を2年半、一度も休みたいなんて思ったことがありません。
日々新しい発見と新たな感動が麻布にはあるのです。オーバーではありませんよ。
中2では部活との両立も大変でした。でも麻布が私のリフレッシュの場でもありました。
しらないうちに気がつけば、学校の成績もトップクラスになっていました。
内申も要点で44、父は「日比谷でも受けてみろ」と言いましたが、私は中1の時から行きたかった小山台にしました(少々自慢話が入ってしまいました・・・笑)父にそういわれた時、
麻布の先生に相談したのですが、麻布の先生は「自分が一番行きたい学校へ行こう、それが受験だよ」と言ってくれたのです。
どうです、皆さん。塾って無理させても上を目指そうと言うのが普通でしょう。
麻布ではそんなことは言いません。
いま、こうして合格体験を書けているのも麻布のお陰だと思っています。
いつも姉と比較されて嫌な思いをしてきた私ですが、もう堂々と高校の門を潜ろうと思います。後輩のみんな。麻布の先生方を信頼して頑張ってください。
もっとも、麻布にいるとそれほど頑張ってるって感じませんけどね。
私は、塾といえば麻布以外に考えられません。麻布学院大好きです!麻布の先生方大好き!
 本当に長い間有り難うございました。高校へ入っても通います。宜しくお願いします。

楽しく志望校パーフェクト!

K・Wくん

都立竹早高校・國學院高校・本郷高校

 僕が麻布学院に入学したのは中2の秋からでした。
それまでは部活に明け暮れ、勉強といえば宿題程度でした。
さすがに中2も秋になると、このままではまずいと思うようになりました。
かと言って今から大手の塾へ行く気もなく、良い塾がないか探していました。
 そんなとき、麻布学院という塾は紹介がなければ入れないと聞き、ちょっと興味を持ちました。とりあえず誰か知り合いを探してみようと思い、近所の先輩が麻布学院へ通っているというので紹介してもらうことにしました。
まず体験に行った日に驚いたのは、僕の知り合いが数人いた事です。
誰も麻布に通っているという話は聞いたことがなかったからです。
僕の母は単純なので、麻布学院の広報部のようにほめて回っていますが、そのときの僕は、
世の中でそう言うものなど妙に納得したりしました。
 体験希望で母と面談を受けた時、学院の方針と勉強の仕方のレクチャーを受けました。
こういう風にやれば余韻だと関心していたのですが、先生の止め一言が今も忘れる事ができません。
「いま説明したように学院を活用して下さいね。でないと時間とお金の無駄遣いですよ。」
「希望は大きく持ちましょう。ただ、学院にしかできないこと、君にしかできないことがありますよね。お互いの役割分担はしっかり果たしましょう。」
「やる気は人に頼ることではなくて、一歩踏み出すことなのですよ。私たちはそのお手伝いをします。」と言われたことです。
 塾さがしをしていた時、いろんな塾へ行って見ましたがまるで麻布学院とは違ったものでした。そのときちょっと気合いが入りました。そして、それからの1年4ヶ月本当に楽しく勉強ができました。もっと早く来ていれば良かったとつくづく思いました。
 そして、とにかく麻布学院は楽しいです。勉強が楽しくなります。
おかげで楽しく志望校パーフェクト受験ができました。
僕の母は、麻布学院へ足を向けて寝れないと言っています。麻布は本当に最高の塾です。
僕は麻布学院の先生方と出会えたことに感謝しています。
 合格するって最高の気分です。後輩の皆もぜひこの気分を味わって見て下さい。
麻布学院の先生の言う通りにすれば良いだけだから簡単です。頑張れ!

やれば本当にできることを教えてくれた

Y・Tくん

都立目黒高校・朋優学院(特進)

 僕が、学校生活を楽しむことができたのは麻布学院のお陰だと思う。
麻布に通うようになって学校の授業が分かるようになった。その結果僕にとっては考えられないくらい成績が伸びた。授業がわかるようになると学校も楽しくなる。
成績が伸び始めると欲も出てくる。僕が麻布学院で過ごした時間はとても充実していて、
最高に楽しかった。
 麻布の先生からもらった思い出は、今の自分にとってかけがえのないものだと思う。
僕にも分かる授業をしてくれた麻布の先生方はプロ中のプロと思う。
 これからも勉強の仕方がわからないで、成績不振に悩む生徒を助けてあげてください。
麻布学院へ入るまでの僕は、どこか高校に行ければ良いやという甘い考えしか持っていなかった。都立目黒に合格できるなんて考えられないことでした。今は最高に嬉しいし、
高校ではスタートから頑張らなければと思う。
 やれば本当にできることを教えてくれた麻布学院は最高の塾です。
高校に行ってもきっとお世話になることになると思います。その時はよろしくお願いします。
 後輩の皆へ、麻布学院の先生の言う通りにしていれば間違えなし。
手を抜いたら後で大変だから絶対に手抜きはダメだと思う。僕ができたことだから皆もできる。1年なんてあっと言う間に過ぎてしまうけど、後から後悔しても遅いのだから、焦る必要はないけど、麻布の復習ノートはやっておくといいと思う。
 最後に、麻布学院の先生方、どうしようもなかった僕をここまで引っ張って頂いて本当にありがとうございました。両親も僕も心から感謝しています。

楽しくて、塾へ行くのが楽しみでした。

R・Aさん

都立桜町高校・駒場学園

 私は受験の一週間前になっても全然実感がなかったのですが、二日くらい前になって
急に焦り、今までもっと勉強しておけばよかったなどと後悔しました。
このような後悔をしないためにも、もう少し復習をしっかりしておけば良かったのにと
思いました。いつも先生が注意していたように、きっと私はやった気分になっていただけだった
と気付きました。と言っても、私が麻布学院へ入った時の成績は人に言えないほどひどいものでした。そんな私を都立に合格できるように引き上げてくれたのが麻布の先生方です。
最初はどこへも行く高校がないと学校で言われて、友達の紹介でやっと麻布学院に入れてもらいました。なので、高校ではこの反省をしっかり活かせるように心がけたいと思います。
 最後に麻布学院の先生方、本当にありがとうございました。毎回の授業は本当に楽しくて、
塾へ行くのが楽しみでした。麻布学院の授業はこんな私にでも分かるように説明してくれて、
私なりに成績もかなり上がりました。これで授業がなくなるのかと思うと残念ですが、
時々立ち寄ります。今まで本当にありがとうございました。
 後輩の皆にアドバイスできるほどではありませんが、絶対に復習ノートをしっかりやっておくと良いと思います。
頑張ってください。

大きな収穫、それは「私が変われた」と言うことです

M・Tさん

立正大立正高校

 私がこの学院に来て最初に感じたことは、麻布学院という塾がこんなに楽しいところだった
なんて初めて知ったことです。私が学院に来るまで通っていた大手の個別塾は、
何かと時間のロスが多くて費用も高く、宣伝と内容に大きな違いがありました。
それでどこかもっと良い塾がないか探していました。だからと言ってクラス編成の塾の
イメージは、宿題が鬼のように出されたり、なんだか少し洗脳的な感じがしたり、
ついていけないで退塾した人は脱落者なんて決めつけられたりと、余り良いイメージを持っていなかったのです。
 そんな時、T君のお母さんの紹介で麻布学院を知りました。そして、一週間の体験授業を受けてみて本当に驚きました。まず、先生が皆ユニークで面白いし、授業が楽しくて
私にもよく分かるのです。もっと早くから麻布学院に入っていたかったと思いました。
私はクラス指導科に入ったのですが、とにかく、各クラスの皆が和気あいあいとしていて、
だからと言って馴れ合いじゃなくて、これは麻布学院の先生方のリードが独特だからだと
思いました。それに、麻布学院では親子で出席する保護者会が2回と個人面談があります。
個人面談は希望によって、親と先生の面談だったり、生徒と先生の面談だったり、
三者面談だったりですが、私の場合、そのどれも合計7回くらいうけたと思います。
授業終了後で疲れていても、いつも新設に相談に乗って頂きました。分かりやすく具体的な
アドバイスも沢山して頂きました。私は、漠然とですが、将来心理系のある大学附属に進みたい
と考えていました。近くで、共学で、私の成績で・・・、なんてわかままだらけの相談にも
親切に乗ってくださいました。そして、ここはどうだろう、先ず自分の目で確かめてくれば
と紹介されたのが私の学校でした。母と学校見学に行って即気に入りました。そのとき、
改めて麻布学院の学校選択の鋭さに感心しました。そして、麻布学院に入って、私にとっては
大きな収穫がありました。それは私が変われたということです。
復習ノートができるようになったこと。苦手教科に立ち向かうことができるようになったことです。私は数学と理科が苦手だったのですが、今迄苦手という意識にとらわれ過ぎて、
それを理由に、逃げていたように気づきました。逃げていたからテストでも点数が取れず、
その繰り返しで好きになれなかったのです。先ず、麻布学院に入ってからと言うもの、
最悪の苦手意識がなくなりました。先生の説明がわかりやすい、だから苦にならなくなったのです。学校の授業の内容が面白いように分かるのです。自分が苦手だと思っている教科を勉強するのは勇気がいると思います。でも麻布学院の先生は根気よく分かるまで教えてくれました。
そして2学期の中間テストで今までの自己最高点が取れました。更に期末ではそれを更新することができました。たった2つのことかも知れませんが、これからの私にとっては途方も無い大きな収穫だったと思います。今までの私から脱出できたのは麻布学院に出会えたからだと
思います。今では母も私も、もう麻布学院の信者と言っても言い過ぎできありません。
希望の学校へも進学できました。これからは麻布学院で教えて頂いたこと全てを、
これからの私の糧としたいと思っています。長くなってしまいましたが、
までまだ書き足らない気持ちです。後輩の皆さん、学校選びで迷うようなことがあったら、
苦手教科で悩むことがあったら麻布学院が頼りになる味方です。真剣に頼れるところです。
後輩の皆さんもぜひ麻布学院の雰囲気を体験してみてください。

ページの先頭へ

2011

結果に至るまでの過程こそ大切

R・Sくん

都立小山台高校・桐蔭学園

 僕は入試2ヶ月前になるまで、入試というものの実感が持てませんでした。
しかし2ヶ月前位からクラスの雰囲気も変わり、「このままだと取り残される」と真剣に考えるようになりました。それまでは学院の復習と宿題程度で、それでもぐんと成績が伸びてきたのでなんとなく安易に考えていました。
そこで、やりっ放しになっているプリントがないか調べてみました。
学院から配られるプリント数は半端無く、それをもう一度やり直して見ることにしました。
分かったつもりで終わらせているところはないか、身についていない解法はないか見なおしていくうちに案外自分が分かったつもりになっているところが発見できました。
入試2ヶ月前になって、常日頃学院の先生がおっしゃっていたことが実感できた気がします。
そして入試当日。ほとんど緊張することもなく問題が解け、改めて学院の先生方がおっしゃっていた事の重要性を実感できました。結果は見事合格でした。
 でも、僕にとって一番の収穫は、結果に至るまでの過程こそ大切なのだと実感できたことだと思います。
 いつも親切にアドバイスをし、わかりやすく教えてくれた麻布学院に感謝感謝です。後輩の皆さん、麻布学院の先生方の指導にしたがって頑張ってください。来年は高校で待っています。

麻布学院精神になんだかホッとした

T・Nくん

都立青山高校・桐蔭学園(理数科)・東洋高校(特進選抜)

 高校受験を真剣に意識し始めた3年生の春、僕は塾選びに奔走していた。
友達に紹介されたすべての塾の体験をした。
塾というものを全く知らなかった僕は、最後に無名の麻布学院の体験を受けた。
そして麻布学院の授業は、他の大手塾と全く異なっていたことに驚いた。
授業もそうだが、雰囲気が全く違った。生徒とのコミュニケーションを何よりも大切にし、
大手塾が「受験は戦争かのように言う中、「結果は後からついてくる」結果を求めるより過程を大切にしようと言う麻布学院精神になんだかホッとした。
来年受験を迎える皆さん。ギスギスした受験なんか結局は受験生が食い物にされているだけだと思う。
受験するなら麻布学院、僕にはそれ以外考えられない。
 麻布の先生方、後輩を宜しく。皆も頑張れ!

僕達に大切なことを教えてくれる場所なんだよ

Y・Sくん

都立小山台高校・青稜高校・朋優学院

人生は全てうまく行くとは限らない。
しかし、一番希望する道を切り開いた時人は喜び、夢を持ち、勇気が与えられる。
僕は合格発表の日、第一志望合格というドアをこじ開けた。
自分の受験番号を見つけた時、胸から溢れ出る思いがこみ上げた。
そして、三年間麻布で頑張った思い出、部活との両立に悩んだことが走馬灯のように駆け抜けた。「麻布を続けていてよかったと心底から思った。こんな気持を皆にも味わってほしい。
そして知ってほしい。中1から麻布へ入り、週3日もあり、最初は面倒くさいと思っていたけど、なんといっても麻布は超楽しい。
勉強が苦にならない。授業を楽しみながら、成績が伸びるなんて一石二鳥。
こんな塾は他にない。二年になり、理社も受講し、週4日になった。
確かに部活との両立は大変だった。でも麻布を辞めたいと思ったことはなかった。
理由は楽しいから。三年になり、仲の良い友だちが二人入学してきた。
正直言って最初は嫌だった。入って来るなと思った。
それは友達と喋って授業にならないのではと思ったからだ。不安だった。
でも、学校とは違ってそうならなかった。むしろ、それは結果として僕の力になった。
ライバルがいると「負けたくない」という気持ちが出てきた。友達も真剣だった。
そしていつも笑いが絶えない授業があった。麻布の楽しい雰囲気の中で、仲の良い友達と共に頑張れたことを誇りに思う。それもこれも麻布学院の先生方のリードがあったからだと思う。
後輩の皆にこれだけは伝えたい。絶対に手を抜いてはいけない。後悔は味合わない方がいい。
組体操の人間ピラミットを考えてほしい。土台がしっかりしていないとあれは成功しない。
麻布学院の先生方を信頼していれば大丈夫。
たまに先生の話は脱線するけれど、勉強って教科だけじゃない。
麻布学院全てが僕達に大切なことを教えてくれる場所なんだよ。
 君も第一志望というドアをこじ開けてほしい。

合格のための全てがある

T・Aくん

都立小山台高校・国学院高校・多摩大学目黒高校

 麻布学院のプリントの復習は絶対にやること。
数学は麻布秘伝の「チャイチーノートの活用を忘れないこと。
普段の授業は言うにおよばず、学校でも密かに活用すること。
 とにかく、麻布学院には合格のための全てがある。
僕は三年の春に麻布学院へ入学したことを後悔している。
なぜなら、もっと早く麻布へ来るべきだったと実感しているからだ。
結構遠回りして、結構無駄なお金を親に使わせてしまったと思っている。
麻布は楽しい、そして分かりやすく丁寧、分かるまで教えてくれる。
なぜ麻布が無名なのか信じられない。
 麻布学院の先生方、本当にありがとうございました。
高校へ行っても麻布学院精神は忘れません。体に気を付けて後輩たちを宜しくお願いします。

内申も実力も本当に驚くほど向上しました

S・Kさん

都立芦花高校  横浜商大付属

 麻布学院の先生方は、受験について様々なことを詳しく知っているプロです。
だから、麻布学院の先生方の言われた通りのことをすれば良いと思います。
私は麻布学院に入り、内申も実力も本当に驚くほど向上しました。
本当に麻布学院は頼りになるところだと思います。
とにかく授業が楽しいし、説明は他の塾では考えられないほど分かりやすく、麻布学院に来ていなければ合格なんて程遠いものだったと思います。
本当に麻布学院に通っていて良かったと家族でいつも言っています。
 みなさんも、自分の目標を決して諦めずに頑張ってください。
麻布学院の先生方、本当にありがとうございました。

勉強は苦痛じゃなくて楽しい

S・Sくん

日大桜丘

 後輩の皆さん、今のうちから勉強しておいた方が絶対に良いです。
やっておかないと本当に後悔することになります。僕自身、3年生になっても「受験生」という実感がわきませんでした。
しかし、麻布学院に入学して、不思議とやる気のようなものが出てきました。
それは、いつも学院の先生方が言っている「勉強は楽しんでやろう」。
「一歩踏み出してみよう」。「結果は後から付いて来るもの、結果に至る過程を大切にしよう」という言葉に励まされたからです。そのおかげで苦手な数学が得意教科に変身しました。
得意教科もよりできるようになりました。分かるようになって、できるようになり、
成績が伸びると勉強が楽しくなってきます。これがやる気なのだと思いました。
麻布学院はとてもよい塾です。費用は安いし、費用以上のことを教えてくれます。
そして、なんといっても説明が分かりやすくて、分かるまで教えてくれます。
費用に含まれていないプリントの数はハンパではありません。
その復習をするだけで成績もどんどん伸びます。とても楽しく勉強できる塾です。
麻布学院は僕に、やればできるということと、勉強は苦痛じゃなくて楽しいということを教えてくれました。こんな僕でも第一希望に合格出来ました。
本当に麻布学院へ入学できて良かったと思います。
 麻布学院の先生方本当にありがとうございました。高校へ入っても宜しくお願いします。

最悪のコンディションで最高の結果を

A・Kさん

都立三田高校・青稜高校・朋優学院

 私は、都立受験の数日前からインフルエンザにかかってしまいました。
最悪のコンディションで、それも保健室で受験をさせてもらいました。
当然、都立直前の確認もできないまま。焦りとぐあいの悪さのなかで絶望感満載でした。
でも、麻布学院で過ごした日々を思い出して、膨大な量のプリントと復習ノートをパラパラと見てみました。そして開き直りました。2年後半から麻布学院へ入学して、多くの先生方に支えられてここまで来たんだ。もうヤルッキャないでしょ・・・。
この開き直りが良かったのか、最悪のコンディションで最高の結果を出すことができました。
 後輩の皆さん、受験直前の健康にはくれぐれも注意してください。
私がこうして最大のピンチの中、最高の結果を得られたのは奇跡かも知れません。
でも、土壇場で開き直れる指導をして下さった麻布学院の先生方のお陰だと思っています。
麻布学院は本当に良い塾です。どうしてこんな良い塾を知らない人がいるのか不思議です。
 もっとも、少人数制を貫く頑固な麻布学院へは早く申し込まないと入れませんよぉ。

ページの先頭へ

2010

麻布学院を徹底的に活用しまくろう

R・Oさん

都市大学等々力特選コース・都立青山高校

 私が麻布学院に入塾したのは、中学1年生のときです。3年間麻布学院で勉強できたからこそ、第一希望であった進学指導重点校の高校へ合格できたのだと思います。 
 まず、麻布学院の授業で一番大切なことは、分からないことがあれば決してそのままにしないことです! あれ?、解き方があやふやになってきたぞぉ・・・・、そう思ったら、そく先生に聞きましょう。学院の先生方はとても親切に分かり易く教えてくださいます。
自分で難しいと思っていた問題も簡単に理解できるようになりますよ。そして、自分が必要だと思ったことはメモして、自分のものにしてしまえば、復習のときに役立ちます。
 この私の体験記を読んでいる皆さん。本当に自分の目標校へ合格したいと思うのなら、努力しましょう。
 麻布学院を徹底的に活用しまくって良いのです。麻布学院とはそういう塾なのです。麻布学院で、難度の高い問題を正解できたときの爽快感をぜひ味わってみてください。麻布学院がキミに与えてくれるものは、決してキミを裏切らないよ!
 Let’s go 麻布学院♪

笑顔の絶えない最高の塾に心から感謝

Y・Kくん

青稜高校・都立小山台高校

 僕が麻布学院へ通い始めたのは中3の夏からでした。麻布学院の授業はとにかく楽しかったです。自分が持っていた塾のイメージは、とにかく勉強だけさせられる固い場所と思っていました。
 しかし、麻布学院は全く違った世界でした。先生方はとても楽しく、いつも笑顔の絶えない最高の雰囲気で授業を受けることができました。
 僕は、第一志望校は決まっていたのですが、第二志望校の私立がなかなか決まりませんでした。そんな時、麻布学院の先生方は、生徒の立場に立って授業終了後、夜遅くまで親身に相談に乗ってくれました。
 私立高校の情報も沢山教えてもらい、とても心強く感じました。そのおかげで、悔いのない決断をすることができました。
 麻布学院は本当に生徒思いの温かい塾です。麻布学院の先生方には本当に心から感謝しています。今もし、塾を探して悩んでいる人には、迷わず麻布学院をお勧めします。初めての受験で不安も多いとは思いますが、麻布学院なら必ず合格を手にすることができると確信しています。
 後輩の皆さんの合格を祈っています。

“復習重視”の学院の方法を信じて第一志望に合格

R・Tくん

駒澤大学高校・都立駒場高校

 まず、麻布学院の素晴らしいところは、先生方が優しく楽しく授業をしてくださることです。無理に勉強をさせるのではなく、自主的にさせようという雰囲気があります。
 なので、変に苦しくもなく、楽しく、分かり易く、そして気も楽に勉強に取り組むことができます。
 麻布学院の先生方は復習重視です。先生方を信じ授業の復習を徹底的に行いました。すると、不思議なくらい授業の内容が理解できるようになり、それ以来、復習するということがこんなにも大切なことなのだと感じるようになりました。
 麻布学院は質問も気楽にできる雰囲気なので、わかった気分になっているところは再確認して、分からないところはしっかりと先生に質問することができました。麻布学院は質問がしやすく先生方が温かく応援してくれるので、とても気持ちの良い塾です。
 そして、僕が受験に一番大切だと思うことは、自分に合った効率の良い方法で勉強することだと思います。受験までの時間は長いようで短いものです。その限られた時間を、いかに有効に使えるかで差ができるものと思います。
 僕の勉強方法は、とにかく学院の方法に従って取り組んだこと。それに、学院の授業のない日は、夜中の勉強はしないで、夕方や夜の早い時間に集中して勉強をしました。 そして第一希望校へ合格することができました。とにかく、麻布学院の先生方の指示に従って効率良く取り組むことが大切です。本当に勉強をして無駄になることがないというのが僕の実感です。後輩の皆さんもぜひ頑張ってみてください。

こんなに楽しい塾は他にはないのでは?

E・Mくん

都市大学等々力特進コース

 自分にとって『初めての塾通いが麻布学院で良かった』と思いました。今でも、麻布学院での授業が忘れられません。それもこれも全て、先生方のお蔭だと言っても過言ではありません。
 授業の合間の5分間の休憩時間でも、先生方は生徒の質問に真剣に答えてくれます。決して生徒を見離したり、生徒の意欲を削ぐような言い方はしません(例えば、君の力では○○高校ははいれないよ・・・・など)。逆に『君ならやれば行ける』と励ましてくれます。
 麻布学院の授業はとても分かり易く、楽しい話をまじえながら、本当に楽に高度な内容の授業を受けることができました。
 塾というものに通ったことがない人(僕もそうですが)は、塾の先生は厳しくて、とにかく勉強だけの人たちだと思うかもしれませんが、麻布学院はぜんぜん違います。面白くて、楽しく、宿題も適度です。こんなに楽しい塾は他にはないのではないかな、と思います。
 塾探しで迷っている人がいたら、是非、麻布学院に行ってみてください。『麻布学院でよかった』と思うこと保証つきです。

勉強嫌いだった私が、第一志望の国立に合格

N・Mさん

東工大付属科学技術高校・朋優学院国公立コース

 私はなかなか自分から進んで勉強するというタイプではありません。というより、余り勉強が好きなタイプではないのです。
 麻布学院に入学したのも、そういう私を見かねた母の勧めで嫌々入塾したのです。塾というと、とかく勉強勉強という感じがありますが(実際自分もそう思っていました)、 麻布学院は決してそんな塾ではなく、逆に学院に通うことが楽しくなるほどでした。
 なぜなら、1クラスが徹底した少人数制なので、先生が生徒一人一人を確実に把握してくれるからです。また、質問もしやすく、説明も本当に丁寧です。ですから、今まで分からなかったところが分かっていく、そんなことが実感できました。
 こんなに勉強嫌いだった私が、第一志望の国立に合格することができたのは、麻布学院のおかげ以外に考えることができません。麻布学院には本当に感謝しています。

麻布学院で悔いの残らない受験勉強を

K・Aさん

青山学院

 私が麻布学院に入学したのは、中2の3月でした。姉が麻布学院から第一志望校に合格したのがきっかけでした。しかし、私は中3の7月の部活の引退まで忙しく、毎日練習の日々で、土日は試合に明け暮れていました。
 学校の授業内容はだいたい分かっているつもりでいたのですが、受験に必要な「応用力」が欠けていて、中2で初めて受けた模擬テストはボロボロでした。
 志望校どころか、自分のレベルよりも下の学校でさえ入るのが難しいという判定結果でした。しかし、中3になって、部活も引退した7月からは受験モードに切り替え、徐々に成績も上がり始め、ぐんぐん実力もつき始めました。
 それは、部活にも手を抜かず、麻布学院の授業の復習と宿題をしっかりやっていた成果ではないかと思います。
 3教科に理社を選択して、本格的な受験モードに切り替えると、その成果はさらに大きく現れるようになりました。苦手の理社は得意になり、数学もほぼ応用力が身につきました。
 麻布学院の特色は、とにかく先生方の教え方が丁寧で、分かりやすいのです。定期テスト前には、テスト対策の時間もあり、受験勉強を始めることで内申も上がりました。
 また、少人数のクラス別編成なので、自分のレベルに合ったクラスでじっくり勉強に取り組めます。質問もしやすく、わからないことはその場で分かるまで教えてもらえます。
 そして10月、一般受験で考えていた都立高校もS判定が出ました。結果的には第一希望の青山学院に合格できましたが、5教科の授業を受けていて本当に良かったと思います。理社が苦手な人が多い私立では他の人よりも一歩リードできています。
 最後に、自分の志望校を諦めることはありません。今、すべきことをしっかりこなせば、少しずつ前進できるのです。長い戦いで辛いのもよく分かります。だからこそ前向きに自分を信じてください。
 内申アップをしたい人、かつ実力もつけたい人、部活と両立させたい人、そんな人にはぜひ麻布学院をお勧めします。皆さんも麻布学院で悔いの残らない受験勉強をしてください。

部活と勉強を両立、中学生活に悔いなし!!

S・Rさん

多摩大目黒・日大鶴ヶ丘・明治学院

 私が麻布学院に入学したのは、小学校6年生の夏休み明け、後期から公立中学進学コースへ入りました。先生もクラスの皆もとてもフレンドリーで、学院にはすぐに慣れることができました。
 その後、中学も3年間麻布学院に通い続けました。中学の頃は部活がとても忙しい日々が続きましたが、中学進学前に麻布学院の授業ペースに慣れていたことで、学院と部活を両立することができました。成績面でも部活の大会でもよい結果を残すことができて、自分の中学生活はとても充実したものでした。
 中3になって、いよいよ本格的な受験体制をとる頃には、月・水・木・金の週4日通学し、学院開放の日曜日には自習室でも勉強しました。
 先生方には本当にお世話になりました。学校の定期テスト前にはテスト対策期間があります。ですから内申アップの心配は必要ありません。
 とにかく、分かり易く、面倒見の良い、フレンドリーな塾で、受験生には最高の塾だと思います。おかげで第一希望校へ無事合格することができました。
 今年、受験生の皆さん、決して諦めず、麻布学院を信じて最後まで頑張って下さい。必ず最高の結果がついて来ると信じています。頑張って下さいね。

先生方の励ましで乗り越えられた

O・Sさん

戸板女子・中央大学横浜山手・法政大女子・都立戸山高校

私はどこの学校を受験すればよいのか、中3の夏休みが終わってもまだ決めかねていました。とりあえず、行きたい学校が決まったとき困らないように勉強には取り組んでおきました。
 都立戸山高校を目標校としたときは、自分の今の実力では完全に無理だと思っていました。しかし、どうしても合格したくて、先生方に励まされながら最後まで頑張りきることができたと思います。
 受験の前は何度も心が折れそうになりました。そのつど先生方に励まされ、最後まで自分を信じきることができました。
 これから受験に臨む皆さん、どうぞ、人に流されることなく麻布学院を信じて、学院の指導通りに頑張って下さい。必ずよい結果が得られると信じています。

ページの先頭へ

2009

不得意だったはずの数学が、受験時には得意科目に

S・Kさん

都立日比谷高校・東洋高校(特進:特待生)

 私が麻布学院へ入学したのは、中3の初めでした。母から麻布学院を勧められて、最初は英数国の3教科から始めました。私が勉強について悩んでいたのは、数学の応用力がなかなかつかないことでした。しかし、麻布学院では、一クラスが少人数制で、数多くの問題を徹底的に丁寧に教えてくれました。だから、確実に理解してから先へ進むことができ、そのおかげで、どの模試や学力テストを受けても考え方の筋道をつかんで解ける自分に気づきました。そして不得意だったはずの数学が、受験時には得意科目になっていました。また、定期テスト前になると中3の2学期でもテスト対策の時間を設けてもらえます。内申アップもまったく心配要りません。そのおかげで、私も内申はしっかりアップしました。都立・私立を問わず、本気で受験を目指す人には麻布学院がお勧めです。
 最後に、麻布学院の先生方の指導の通り、あせらずに睡眠時間も絶対にとってください(ちなみに、私は必ず8時間睡眠をキープしていました)。必ず合格できること請け合いです。麻布学院で力をつけて、内申アップし、日比谷に合格することができました。皆さんの合格を祈っています。

勉強以外の「大切なこと」をいくつも知ることができた

N・Sさん

朋優学院

 私は中3の春に麻布学院に入学しました。1・2年生の頃は塾に行きたくなくて自分で勉強していました。しかし、行きたい高校ができたので塾に通うことにしました。家から近くにあった麻布学院に体験入学に行き、とにかく最初から授業が楽しくて、すぐに入学することにしました。麻布学院は、私が持っていた塾のイメージとは全く違ったところで、授業や先生がとても楽しく、常に笑いながら勉強をすることができました。
 最初の頃はなかなか家での勉強が定着せず、宿題をする程度でしたが、そのうちに集中力がつき自然に復習ができるようになりました。集中して復習に取り組むようになると学校の成績も徐々に上がり、自分の勉強スタイルが身につきました。私は授業のない日はほとんど学院の自習室にこもって勉強していましたが、自習室で勉強していると、先生方が「どこかわからないところがあるかな?」と声をかけてくれたり、最後の塾を閉める時間まで勉強させてくれたりと、とにかく麻布学院で毎日集中して勉強ができました。考えてみると、私は1年間ほぼ毎日学院に来て勉強していたように思います。それでもいま思うことは、どうしてもう少し早く学院に入学しなかったのかと後悔しています。それは第一希望にしていた学校に行けなかったからです。もし、塾を考えている皆さんがいたら、少しでも早く麻布学院へ行くことを勧めます。中3になって入学して、本当にもっと早く来ていればと思いました。でも、私は麻布学院と出会えて、勉強の方法がわかり、1年間諦めず、自分で決めた目標を追いかけることができて本当に良かったと思っています。
 麻布学院の先生方は、私のことを本当に親身になって応援し続けてくれました。麻布学院の先生方には心から感謝しています。私は、麻布学院でしか見えないものや、麻布学院以外では感じることのできなかったことが沢山あります。麻布学院では、勉強以外の「大切なこと」をいくつも知ることができたようにも思います。麻布学院は私にとって、もう一つの「家」のような場所でした。本当に麻布学院の先生方一人一人に感謝します。大学受験を目指して頑張りたいと思います。

本気で合格したいのなら麻布学院しかないでしょ

T・Sくん

都立新宿高校・法政大高校・青稜・郁文館

 私は自分から進んで勉強するということが苦手なタイプで、どこか塾へ入学して勉強する必要性を感じて中2から麻布学院に入学しました。麻布学院では、分からない部分があれば徹底的にその場で教えてくれます。また、復習の仕方からノートのとり方まで丁寧に教えてくれました。また、かなり難度の高い演習問題にも数多く対応してくれました。はじめは志望校判定テストで努力圏であった学校も合格圏に入り、そして最終的には安全圏に入ることができました。第一希望の学校をはじめ、受けた学校を全て合格することができました。いま考えてみて、もう少し第一志望校を上げても良かったのではないかと思います。中3の初め、高校選びに消極的だったことが悔やまれます。麻布学院の先生方が言われたように、もう少し早い時期から目標を決めていればと今は思っています。
 最後に、目標校が自分の内申や偏差値よりも少々高いからといって諦めることはないと思います。仮に、判定テストの結果が良くなくても、問題はいかに学院と時間を有効に使うかということだと思います。私のように、今になって贅沢な後悔をするくらいなら、思い切って目標を高く持って、後は麻布学院の先生方の指導に従えばいいことです。これから受験を向かえる皆さん、手を抜かないで頑張って下さい。これから塾を考えている皆さん、本気で合格したいのなら麻布学院しかないでしょ。

「やるべきときに、やるべきことをやる」

H・Kさん

都立狛江高校・東京高校

 私は最初、受験というものがこんなに大変なものだとは思いもしませんでした。2年生の頃は本当に成績が悪く、テストなどの結果は毎回ひどいものでした。志望校を決めるにも時間がかかってしまい、本気になって勉強に取り組むのが遅くなってしまいました。そのため、私は、他の人たちよりも一歩も二歩も遅れてしまいました。それに、3年生の後半戦になるまで受験という実感が持てませんでした。そうして、いざ3年生の後半になると「なんで今までやらなかったのだろう?」と何度も後悔しました。本気であせり始めたのは3年生の後半で、そこから、私は本気で第一志望の高校に入りたいと思うようになりました。それからというもの、本当に必死になって勉強に取り組みました。今までできなかった問題を復習し、少し難しい問題に取り組み、とにかく麻布学院で使ったプリントの復習を徹底的に行いました。本当に必死になりました。いま考えると、土壇場にまでなってあれほど必死になるのなら、もう少し前からどうしてやらなかったのか悔いが残ります。そうして、本当に私が合格できるなんて、思ってもいませんでした。こんな私を最後まで応援してくださった麻布学院の先生方に本当に感謝しています。
 これから受験を向けえる人たちには、ぜひ麻布学院の先生方のアドバイス通りにすれば必ず乗り越えられます。そして、志望校を合格したときの喜びを感じてみてください。きっと合格以上の何かがあると思います。はじめるのなら早いに越したことはありません。麻布学院の先生方が言うように「無理・無駄・むら」が一番いけないことだと思います。「やるべきときに、やるべきことをやる」本当はそれで良いのだと心底思いました。高校へ進んでからは、麻布学院で教えられたことをしっかり守って大学受験に臨みたいと思います。

自分に合った勉強法を見つけた

R・Kさん

都立目黒高校・朋優学院(特進)

 麻布学院の第一印象は先生方がとにかく優しいということです。解けない問題を質問しても、私が理解できるまで何度でも丁寧に教えてもらえました。
 また、答えの求め方だけでなく、分かりやすい解き方や、異なった考え方、それに勉強の方法まで教えてくれました。
 学校の授業が理解しやすくなり、勉強のコツが身についたように思います。自習室はいつも自由に使うことができて、先生に質問することがいつでもできます。
 麻布学院の先生方は、何度もくり返し復習することの大切さを教えてくれました。また、具体的に復習ノートの作り方や、効率のよい勉強方法も教えてもらい、成績もアップし勉強のやり方そのものが身につきました。
 麻布学院で習った勉強方法は、高校へ入ってからも続けるつもりです。勉強方法が分からないで悩んでいる人は、ぜひ麻布学院をお勧めします。きっと自分に合った勉強方法が分かります。そして内申アップは間違いありません。

勉強嫌いの人でも麻布学院なら大丈夫

K・Kくん

都立広尾高校

 「勉強どうしよう・・・」そんな風に思いながら中2の夏ごろに入った塾が麻布学院です。最初は英語が大嫌いで、数学は全く分からない状態でした。そんな感じで中2年の1学期が終わりました。
 これではまずいかなと感じて、麻布学院に通い始めたのですが、中3の1学期には英語は人並みにまで向上し、数学は得意教科となりました。そして無事都立高校へ合格することができました。
 麻布学院の先生方の教え方はとにかく分かり易く、ギャグ線もかなり高度で楽しく勉強することができました。気がつくと勉強が苦にならなくなっていました。
 こんな僕をここまで引き上げてくれた麻布学院は最高の塾だと断言できます。勉強が不得意でも、嫌いでも、「ちょっとやってみようかな」という人、僕は麻布学院をお勧めします。とにかく、麻布学院に来てみれば分かります。

ページの先頭へ

2008

「あきらめずに考え抜く力」で全受験校に合格

T・Iくん

六本木中

早稲田実業・明治学院・東洋高校(特進)・都立日比谷高校

 僕が麻布学院に入学したのは、家から近く友達もいるという単純な理由でした。しかし、今は学院で勉強してきたことが本当に良かったと思っています。
 麻布学院の良いところはいくつもあります。まず第一に、完全少人数制であること。すなわち生徒一人一人の要望に答えてもらえるということです。例えば、僕の弱点は英語の代名詞だったのですが、先生がプリントにまとめてくれ、詳しく説明してくれました。そのおかげでほぼ完璧に理解することができました。
 第二に、麻布学院の授業は、公式や定理をただ詰め込み使えるようにするだけの授業ではありません。とにかく数学は徹底して理屈を理解し、じっくり考えることが中心です。時には、80分授業で2・3問ということもありました。しかし、ただ機械的に早く、多く解けばいいという問題ではないと思います。おかげで「あきらめずに考え抜く力」がつきました。
 麻布学院の充実した授業を受けてきたおかげで受験校の全てに合格できました。麻布学院に入学して本当に良かったと心より感謝しています。

実力を最大限引き出してくれた麻布学院

M・Kさん

玉川中

桐蔭学園、都立西高校

 私は、中2の夏から麻布学院に通い始めました。それまでは、塾というものに行ったことがなかったので、自分が通い続けられるか、授業についていけるのか、などなど多くの心配事がありました。しかし、実際に麻布学院の授業を受けてみると、先生方の説明が丁寧でわかりやすく、クラスの雰囲気も程よい緊張感があり、結局は学院に通うことが楽しくなりました。
 また、私は麻布学院に通い始めたことで、勉強のリズムをつかむことができました。麻布は受験に向けての勉強だけでなく、定期テストの対策もバッチリでした。
 特に私が気に入っているのは、先生方の手作りのプリントです。重要なポイントがまとまっているので、テスト直前には強い味方になりました。
 私は、麻布学院に入学して本当に良かったと思っています。私の力を最大限に引き出してくれた先生方に感謝しています。麻布学院は、生徒一人一人のことを一番に考えてくれる最高の塾だと思います。

麻布学院は最高の塾でした

D・Mくん

玉川中

桐蔭学園、都立戸山高校

 僕が麻布学院に通い始めたのは中学1年生のときからです。学院の授業は最高に楽しく、塾へ通っているという感覚がありませんでした。
 3年間麻布学院に通い続け、一度も行きたくないと思ったことはありません。とにかく先生方の教え方が丁寧です。それに、学院への登校日でなくても質問があればいつでも自習室で教えてもらうことができました。
 麻布学院の宿題は別段多いわけでもなく、とにかく復習をしっかりしていれば必ず第一志望へ合格できます。学院の授業の復習と課題添削をしっかりしていれば市販の参考書や問題集の必要性がありません。
 先生方が作ってくれる学院独自のプリントは、勉強に必要な要点がしっかりまとまっていて大いに役立ちました。
 麻布学院は僕にとって本当に最高の塾でした。塾で迷っている人がいたら、ぜひ麻布学院で体験してみて下さい。一目瞭然で学院のよさがわかるはずです。

楽しく乗り越えられた“受験道”

T・Hくん

八幡中

國學院久我山高校、都立青山高校

 僕は、麻布学院に入って本当に良かったと思っています。今そう思うのは、自分が希望する学校へ進学することができたことはもちろんですが、先生方とのすばらしい出会いがあったからです。
 麻布学院の先生方はとても個性的で、最高に面白い方ばかりです。笑いのない授業なんてありませんでした。しかし、授業はものすごく丁寧で分かりやすく、クラスの誰か一人でも分からない人がいると、徹底的に全員がわかるまでじっくり教えてくださいました。
 課題添削プリントは一人一人の間違いをチェックして、解説・考え方・解答の途中経過も詳しく赤字で記入されてあり、添削業者の添削指導など及びもつきません。
 とにかく麻布学院は丁寧です。先生方が言うように、復習ノートを作り授業の復習と課題の再確認をしていれば間違いありません。麻布学院の授業を活用すれば志望校合格は保証付です。
 塾というイメージは勉強・勉強の詰め込みで、親や生徒に危機感を煽り、受験が終わるまで笑っている暇もないといったように受け取られがちですが、麻布学院はまったく違います。生徒一人一人に適切な指導をしつつ、なおかつ気持ちの余裕を作ってくれるところだと思います。
 確かに、受験までは長く厳しい道のりです。しかし、麻布学院のおかげで楽しく乗り越えることができました。
 麻布学院の先生方には本当に感謝しています。そしてこれから受験に向かって学院で頑張ってみたいと思っている後輩の皆さん。学院からもらったプリントは必ずしっかり整理・復習しながら楽しく受験を乗り越えてください。健闘を祈ります。

面白く楽しい塾で無事志望校に合格

S・Yさん

東京農大第一高校・青稜高校・都立大学付属高校

 中学2年生のとき、私はどこかしら塾に行こうかと思っていました。そのとき、麻布学院の広告が目に止まりました。みごとに素晴らしい内容で、半ば疑いの目で学院を見ていましたが、とりあえず体験授業を受けてみることにしました。そして麻布学院に入ることに決めました。
 今思えば、そう決断して本当に良かったと思います。2年生は個別指導科で、3年生になってクラスに合流しましたが、一度も学院が嫌だと思ったことがありません。
 本当に先生が面白くて楽しくて、全然「苦」になりませんでした。また、自習室があるのも本当に助かりました。
 受験も直前になると、毎日学校から自習室へ直行し、授業のある日は授業開始まで自習することができました。自習の最中であってもわからないことはすぐに教えていただき、本当に感謝しています。
 無事に志望校合格ができて、とても嬉しく思っています。本当に麻布学院の先生方ありがとうございました。

苦手は克服、得意教科もできた!

R・Tくん

六本木中

武蔵工大付属高校、東洋高校(特進)、日本工業大駒場高校、都立大学付属高校

 僕が麻布学院へ入学したのは中2の冬でした。最初は塾なんて面倒で行きたくないと思っていたのですが、ところがところが、麻布学院の授業へ参加してみると先生方が楽しく、授業もとっても分かりやすく集中できました。そして、気がつけば麻布学院に通い始めて良かったと思うようになりました。
 おかげで、大の苦手教科の英語も克服でき、数学と国語は得意教科となりました。定期テスト前はテスト対策授業となり、中間・期末対策もバッチリできました。麻布学院は僕にとって本当に良い塾でした。
 麻布学院での1年間は楽しみながら勉強ができました。他の大手塾とは全く違います。楽しみながら力をつけ合格したい人にはぜひ麻布学院をお勧めします。

一人ひとりの生徒を大切にしてくれる塾

R・Hくん

玉川中

國學院高校、保善高校(特待生)、目黒学院(特進科)

 僕が麻布学院へ入学しようとした当初、「塾とはとても堅苦しいところ」と思っていました。しかし、麻布学院は他の塾とは一味違いました。とにかく、先生方が面白く、毎授業笑いが絶えることがありません。
 また、クラスは平均6人の完全な少人数制で、しかも学力別に4クラスに編成されているので気軽に質問できました。わからないところは、わかるまで説明してもらえるので中途半端な授業ではありません。それに、特別授業(毎週)や課題添削、膨大な量のプリントは全て費用なしです。
 このような点から、麻布学院というところは「一人一人の生徒を大切にしてくれる塾」なんだと感じました。このような麻布学院の特徴は他の塾にはなかなかないものだと感じました。
 僕が楽しく成績を上げ、楽しく受験を乗り切ることができたのも麻布学院だからこそと感謝しています。
 これからもいろいろな体験が僕を待っていることと思います。でも、常に麻布学院で学んだ「勉強は楽しく自分のためにするもの」を忘れず頑張りたいと思います。
 最後になりましたが、麻布学院の先生方本当にありがとうございました。そして、受験を控えた後輩の皆さん、麻布学院の指導に従って楽しく目標達成を勝ち取ってください。

積み重ねでついた力

K・Aくん

玉川中

青稜高校、都立竹早高校

 小学6年の冬、算数も国語も勉強の仕方がよくわからず、中学に進むにあたり、とても心配だった僕は、友達が通っていた麻布学院に入学しました。
 先生方の熱心で楽しい授業のおかげで、勉強することが次第に楽しくそして面白くなってきました。
 学院から出される課題添削プリントはクラスによって内容が異なります。僕のクラスは少々難しい問題も多く、正直言って大変なこともありましたが、とにかく、コツコツと1問ずつ解いていくうちに、自分に学力がついていくことが実感できました。
 またクラスが少人数制なので、先生に質問がしやすく、わからないところはとても丁寧に教えてもらいました。そして、多くの友達とも仲良く楽しく学ぶことができました。
 中1の時には考えたこともなかった上位校へ合格することもできました。麻布学院の先生方と出会うことができて本当に良かったと思います。先生方にはとても感謝しています。どうもありがとうございました。

自習室の利用で試験対策も完璧に

A・Aくん

六本木中

法政大学高校

 麻布学院は、先生方がしっかりと教えてくれるとてもいい塾だと思います。自分のわからないところは気楽に質問ができます。先生方も丁寧にわかるまで教えてくれます。
 また、日曜日など、授業がない日でも自習室をわざわざ開けてくれました。おかげで試験前などは完璧に対策を立てることができました。
 また、学校の授業でも置いて行かれることもなく、第一希望の高校に合格することができました。麻布学院に通って本当に良かったと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ

2007

麻布学院の授業は「興味力」をつけてくれる

K・Oくん

玉川中

都立日比谷高校・國學院高校・青稜高校

 麻布学院は「受験力」や「勉強力」だけでなく、勉強に対する意欲を湧かせてくれる力、「興味力」を付けてくれる所です。受験のときに一番大切なのは得点力、つまりこの三つの中で言う「受験力」です。その力は今までの積み重ねが重要です。積み重ねには「勉強力」がなくてはなりませんが、なにより勉強する気がなければ「勉強力」は全く育たず、気乗りのしないまま勉強しても「勉強力」は伸びません。そこで勉強への意欲を湧き出させる力、すなわち「興味力」が必要になります。
 麻布学院に入学してからは勉強に対する抵抗が取れ、力がぐんぐんついてくるのが実感できるようになりました。勉強に対する興味があれば進学後も苦労しません。それがなければ進学後は勉強意欲が起きず、絶対に苦労することになるでしょう。麻布学院の授業は「興味力」をつけてくれるもので、進学後・進学前を問わず苦労しません。後輩の皆さんもぜひ一度、麻布学院の「興味力」のスゴさを実感してみてください。

つらいはずの受験期を楽しく乗り切ることができました

S・Tさん

玉川中

都立小山台高校・法政大学高校

 「塾」と聞くと、堅苦しくてストレスが溜まるようなイメージを抱きがちですが、麻布学院は全く違いました。私も通い始める前は「塾」と思うだけで憂鬱でした。しかしいざ麻布学院に通い始めると、逆に毎日の時間が楽しみになるほどでした。とてもアットホームな感じで、いつもどこかの教室から笑い声が聞こえてきました。でも、やるときは真面目にしっかりやる。そんなけじめもしっかりした塾です。先生方も面白くて優しく、分からないところや納得のいかないところは徹底的に分かるまで分かりやすく説明してくれます。
 私はそんな先生方や麻布学院の雰囲気のおかげで、つらいはずの受験期を楽しく乗り切ることができました。そして、当初自分がめざしていた学校よりも高いレベルの高校に合格することができました。これから受験を迎える皆さんは、ぜひ麻布学院で先生方の指導を守って楽しくステップアップしてください。

とてもアットホームで、学院に行くのが楽しみでした

T・Hさん

赤坂中

都立小山台高校・桐蔭学園高校(理数科)・東洋高校(特進)

 私は中2の3月に友達の紹介で麻布学院に入学しました。最初は“もうすぐ受験だから仕方ない”程度の感覚で通学していました。しかし、麻布学院はとてもアットホームで、次第に学院に行くのが楽しみになりました。
 麻布学院は楽しいだけでなく、1クラスが完全な少人数制で質問もしやすく、先生方も生徒のために暗記物の覚えやすい方法を教えてくれたりして授業がとてもわかりやすかったです。受験前、先生方やお友達の励ましもあって無事第一志望に合格することができました。私は麻布学院に通って本当によかったと思っています。

麻布学院の先生方の熱意は他のどの塾にもないものです

Y・Kくん

玉川中

都立新宿高校・桐蔭学園高校(普通科)・成城高校・國學院高校・保善高校(特進特待生)

 私は中1のときに体験授業を受け、先生方がとても楽しく熱心なので麻布学院に入学しました。中1・2年のときはただ漠然と、受験を意識することもなく、上のクラスへ上がることを目標に、部活も疎かにすることなく両立できたと思います。中3になると、先生方からは受験案内にないような詳しい高校の情報を教わり、また進路相談に何度も熱心に向き合ってくださいました。そうした先生方のサポートを受けているうちに、自分自身も次第にやる気が出て勉強にも熱が入りました。
 麻布学院の先生方の熱意は他のどの塾にもないものです。とにかく麻布学院は先生が面白く、学院自体が活気に満ちあふれています。とても楽しく勉強できる場所です。クラスは少人数制でかつ習熟度別に編成されていることもあり、質問もしやすいというのが大きな特色です。このような学院であったからこそ、受験した学校全てに合格できました。私は合格したときの喜びを一生忘れることはありません。そして、私を素晴らしい結果へ導いて下さった麻布学院に感謝しています。

楽しく勉強しながら第一志望校に合格

S・Mさん

尾山台中

都立目黒高校・東京高校

 私は、姉が通っていたことから、中3の夏、部活引退後にお友達と麻布学院へ入学しました。最初「塾」へは行きたくなかったし、面倒くさく、勉強嫌いでした。しかし、麻布学院へ入学してみると、先生は楽しく勉強を教えてくれ、それでいてちゃんと学力が身につくというとても良いところでした。次第に学院へ行くのが楽しくなり、とても良い環境状態で受験に臨むことができました。そして見事、第一志望校に合格しました。私は麻布学院の先生方への感謝は一生忘れません。

勉強が大嫌いだった私でも毎日の授業が本当に楽しかった

M・Nさん

尾山台中

都立目黒高校・東京高校

 私は中3の夏から麻布学院に入学しました。クラスには他校の人達も多くいて最初は緊張しました。でも、すぐにうちとけることができて仲良くなれました。とても楽しいクラスでした。最初はせっかくの夏休みが「塾」「塾」「塾」のハードスケジュールのように思えましたが、いざ授業が始まってみると、クラスの仲間は楽しいし、先生方はメッチャ面白いし、勉強が大嫌いだった私でも毎日の授業が本当に楽しかったです。受験が近づくとテスト演習と解説の授業があり、自分の不明確なところが細かいところまで発見できたことが自信につながったと思います。そして見事第一志望に合格しました。私は本当に麻布学院を選んでよかったと思っています。

希望校へ絶対に合格したいのなら麻布学院へ

K・Oくん

尾山台中

都立雪谷高校・東京高校・多摩大学目黒高校

 僕が合格できたのは、勉強の内容がわかり授業が楽しかったからだと思います。僕にそう感じさせてくれたのは他でもない麻布学院の先生方です。麻布学院の先生方の授業はとても丁寧であり、1クラス6名までという定員制でなおかつ学力別にクラスが分かれていることです。質問もしやすく自分に合ったクラスで充実した授業を受けることができました。それに冷暖房の効いた自習室はとても集中でき、先生方はいつでも親切に質問に答えてくれます。テスト対策や授業の復習等を家でやるよりも効果的に行うことができました。もし、希望校へ絶対に合格したいのなら麻布学院で勉強することをおすすめします。

ページの先頭へ

2006

麻布学院あっての第一志望校合格でした

Y・Nくん

玉川中

都立日比谷高校・桐蔭学園高校(理数科)・創価高校

 私は中1の5月から麻布学院にお世話になりました。学院はとてもアットホームな雰囲気で、先生と生徒の間に隔たりなどまったくありません。このことは、精神面でとても弱かった私にとって、受験直前は大いに助かりました。また、麻布学院独自のクラス別に作られたお手製のプリントは、とても力がついたと思います。分からなかった問題や間違えた問題をやり直すことによって自信が深まりました。麻布学院無くして私の第一志望校合格はなかったと思います。本当に麻布学院の先生方ありがとうございました。

少人数だから一人一人に集中して教えてもらえます

K・Nさん

玉川中

創価高校

麻布学院の何よりの魅力は、クラスが6名までの少人数であること。そのおかげで私は自分の疑問を授業中に質問し、解決することができました。定期考査前には、自習時間もとってもらえるので定期考査対策もバッチリです。また、自習室では静かな環境で集中して勉強ができ、先生に質問をすれば快く教えて頂けるので、ここでの勉強は自分の大きな力となりました。少人数だからこそ一人一人に集中して教えてもらえます。私はこの麻布学院を皆さんにお薦めします。

完全少人数制と習熟度別で確実に学力向上できました

S・Kくん

玉川中

都立戸山高校・桐蔭学園高校(理数科)

 突然ですが、あなたは何十人もいる教室で授業に集中して、かつ緊張感を持って授業を受けることができるでしょうか。僕にはできません。大人数であればあるほど質問なんてしにくいし、それでいて分かった気持ちに陥りやすい環境であると思います。
 しかし麻布学院のクラスは完全に少人数制で、しかも習熟度別に編成されています。これは僕にぴったりでした。クラス定員人数が6名までであることが、ある程度の緊張感をつくり、授業に集中して学習できる環境であると思います。このことが僕の学力アップに大きくつながったと思います。
 先生たちは優しく、楽しいアットホームな雰囲気でありながら、多少の緊張感を持って確実に学力向上できる。こんな良い塾は他にはないと確信をもって思います。

いつの間にか基礎が頭に入ってくる授業でした

A・Kさん

御成門中

都立三田高校・青稜高校・朋優学院

 私は姉の通っていた麻布学院に中学2年の春に入学しました。勉強があまり好きではない私でしたが、学院に通い始めて学校の授業についていけるようになり、毎日の勉強が楽しくなっていきました。
 私が思うに、勉強がつまらないのは分からないためだと思います。学校の授業は参加するというより、全くの受け身という感覚で、分からないことに遭遇したとしてもスルーしがちで、その積み重ねで授業についていけなくなり、いつしかやる気もうせてしまいます。ところが、麻布学院の授業はいつの間にか基礎が頭に入ってくる感覚で、1つ1つを理解して次に進むという感じでした。受験が近づくにつれ、より多くの問題を解いて力をつけ、それを復習することの繰り返しでした。そうして私の学力は着実に伸びていきました。その結果、無事志望校に合格することができました。1つ1つを確実に理解し、そしてそれを繰り返すこと。これが一番大切なことであると思います。後輩の皆さんもぜひ頑張ってみてください。

ページの先頭へ

2005

E判定も「いい判定 ! 」

M・Iさん

玉川中

筑波大付属高校・桐蔭学園高校(理数科)

 はっきり言って私の受験は人より一歩も二歩も遅れていたと思います。どんな高校があるのかも分からないまま受験生になっていて、塾に入ったのも遅かったのです。国立高校という目標ができたのも10月に入ってからです。麻布学院の先生がすすめてくださり、とにかく頑張ってみることに決めました。
 私にとって麻布学院とはとても楽しい空間でした。勉強をしに行っているというよりは楽しみに行っているという感覚の方が近かったかもしれません。麻布学院は「やらされる」ことより「自分からやる」ことの方が多いので、自分のペースで勉強することができ、勉強が苦になることはありませんでした。先生も良い方ばかりで、遅くまで残って丁寧に質問に答えてくださったり、ためになる話や面白い話をしてくださったり、どの先生方にも出会えてよかったなと思います。
 麻布学院は生徒と先生、それに保護者との連携がうまくとれているように思います。これは、受験を乗り切る際にはとっても大切なことではないでしょうか。最後の学力テストでE判定しか出なかったけど、それを「いい判定だ!」と言って励ましてくださり、なんとか合格を手にすることができました。この合格は麻布学院だったからこそだと思います。あの時、麻布学院に決めてよかったです。今まで本当にありがとうございました。

合格を知り、即行で学院へ知らせに行きました

A・Oさん

玉川中

都立日比谷高校・桐蔭学園高校

 私は小学校6年生のときに、以前姉が通っていたという理由で麻布学院に入りました。入る前は、塾とはただひたすら勉強だけをするつまらない所だというイメージを持っていました。でも、麻布学院の授業は、少人数の上、先生との距離も近いため、質問がしやすく、先生方もとても丁寧に答えてくれます。また、ユニークで素敵な先生方は、授業の合間や休み時間に面白い話や豆知識のようなことも話してくれるので、意欲的に勉強することができ、学院へ通うのが楽しみになりました。
 授業では基礎から応用までまんべんなく教えてくれます。また、宿題がそこまで多く出ないため、家では復習など自分の勉強をし、詰め込む勉強ではなく理解を深める勉強ができました。そして、受験に向けてのサポートも中1のときからしっかりしてくれたため、中3になってから焦ることもなく勉強することができました。また、麻布学院でもらうプリントは、どこの本屋にも売ってないようなものばかりで、麻布学院でなければ学べないようなこともあり、得した気分で勉強し、身につけることができました。
 このように、充実した麻布学院の授業を受けてきたおかげで、第一志望校に合格することができて本当に嬉しく思いました。合格を知り、即行で学院へ知らせに行ったとき、先生方もとても喜んでくれました(笑)。麻布学院は本当に楽しく、自ら勉強に取り組む力がつく塾です。私は麻布学院へ入って本当によかったと思っています。

入試前日にもらった激励の電話は何よりも嬉しかった

Y・Hさん

玉川中

共立女子高校・富士見丘高校

 麻布学院はなんというか、塾の定義を変えてしまうような塾だと思います。まず最初に、先生方が面白い。とにかく個性的な先生が多く、ツボにハマる先生ばかりです。麻布学院に通っていてお腹を抱えて笑わなかった日はないくらいです。もちろん教え方も上手だし、お手製のわかりやすいプリントも作ってくれるし、完全な少人数制なので生徒一人一人の弱点もわかってくれます。ちなみに麻布学院はテキストよりもプリント重視なので、自分でちゃんと整理しないとものすごいことになります。次に、宿題がほとんど出ない。麻布学院では課題という形式では出してくれますが、宿題という形のものはほとんど出ません。これはある意味つらいことですが、自分のために自分から勉強するという習慣がつくと思います。私も多少はついた・・・と思います。
 私が麻布学院に入塾して一番嬉しかったことは、入試前日に先生から激励の電話をもらったことです。大手の塾のようにロゴの入ったペンもハチマキもないけれど、入試を目前に緊張していた私にとって、その電話は何よりも嬉しかったといえます。そして、志望校に合格したときの喜びはやはり格別です。麻布学院でたくさんのいい先生方や友達に出会えてとてもよかったと思っています。“モノより思い出”って本当です。こんなふうに思える塾は他にそうそうありませんよ。

先生方のアドバイスが元気と勇気をくれる

Y・Mくん

八幡中

武蔵工大付属高校、郁文館高校、目黒学院高校

 僕は、麻布学院に入学して本当によかったと思っています。それは、とても質問がしやすく、楽しい先生方ばかりだからです。生徒の質問は徹底的に解るまで教えてくれます。そのときは解ったつもりでいたことが、時間がたつとともに解らなくなってしまったこともありました。それは完全な復習不足でした。麻布学院の先生方は「解ったつもりになった問題はもう一度解いてみること」と、よく言います。いま、それがとっても重要なことだと実感しました。麻布学院の先生方の指導の通りに復習をすれば、時間の経過とともに解らなくなるということは絶対にありません。
 麻布学院の先生方は「復習の重要性」をいつも口にします。でも、最初のうちは復習も適当にこなしている程度でした。少し受験を意識するようになってから、先生方の言うように復習に重点を置いて勉強に取り組むようにしてみました。そうすると、不思議なことに勉強というものが面白く感じられるようになりました。時間のないときは少しでも集中して取り組むと全然いままでとは変わってきます。受験も間近になってからは、学院で配布されたプリントやテキストをやれるだけ気合いを入れて復習してみました。
 入試前日、最高に緊張していた僕に、先生方からの激励の電話がありました。そのおかげでリラックスした気分で試験に臨むことができました。そしていい結果を勝ち取ることができました。
 受験も終わり、今思うことは、もっと早く麻布学院へ入っていればよかったということです。それが残念です。また、麻布学院では、必要に応じて通常授業以外にも補習授業をしてくれます(他の塾では考えられないことですが無料)。僕は4ヶ月間、毎週欠かさず参加しました。そのおかげでかなり高度な解法を身につけることができたと思います。志望校を決めるときにも、沢山のアドバイスをしてくれます。先生方がしてくれるアドバイスは志望校の選定だけでなく、受験の時にもとても役立ちました。ふと自分に自信がなくなったときにも、先生方のアドバイスが元気と勇気をくれる塾だと思いました。いまの僕には最高の達成感があります。麻布学院の先生方、とっても楽しくて解りやすい授業をありがとうございました

スランプの時、励ましの声に支えられました

S・Kくん

奥沢中

國學院高校、都立小山台高校

 僕が麻布学院へ入学したのは中2の夏からでした。それまで塾というところへ一度も通ったことがなかったので、勉強の仕方というものが全くわかっていませんでした。麻布学院へ入学し、先生方の丁寧な指導のおかげで、問題の解き方や勉強そのものにどう取り組んでいけばよいかということが徐々にわかるようになりました。そのおかげで、僕の学校での成績は徐々に伸び始め、過去問などの入試問題の得点もかなり高得点が取れるようになりました。
 しかし、受験の1ヶ月前に突然スランプに陥りました。そんな時も、悩んでいる僕にかけていただいた、先生方の「絶対に大丈夫、お前ならできる。心配しなくていいから今まで取り組んできたことに自信をもて」という励ましの言葉に支えられ、とにかくがむしゃらに受験勉強に打ち込みました。そうして無事第一志望校へ合格することができました。麻布学院は本当に楽しく勉強に取り組めるところです。それに、先生一人一人が真剣に生徒のことを考えてくれる塾です。いま僕は心から麻布学院に感謝しています。

麻布学院とは「やる気」にさせる楽しい塾です

Y・Kさん

三田中

江戸川女子高校・都立三田高校

 私は、中学3年生になって、香港から帰国しました。日本に帰ってきたばかりの頃は、別の大手塾へ通っていましたが、人数が多く質問できるような雰囲気ではなく、あまり行きたいと思える塾ではありませんでした。そんなとき、友人の勧めで麻布学院を紹介されました。
 麻布学院は、1クラスが完全な少人数制の授業で、とにかく先生方が面白く、学院へ行くことがとても楽しみになる塾です。勉強面では、クラス全員がしっかり理解できるようなとてもわかりやすい授業です。宿題はあまり出さず、授業中に完全にわからせてしまうのが麻布学院流です。
 私は麻布学院へ入ったおかげで勉強というものに親しみを持つことができました。先生たちの面白い話も、受験に関する体験談なども、とても役に立ちました。そして麻布学院の先生方の熱い指導を受け、無事第一志望校に合格することができました。今では、中1・2年生のときよりはるかに机に向かう時間も増え、勉強する習慣もつきました。麻布学院とは、「やる気」にさせる楽しい塾です。今まで私を支えてくださった明るく楽しい先生方、本当に感謝しています。ありがとうございました。

日曜も学院へ通い、完全に苦手部分を克服

A・Yさん

六本木中

日大鶴ケ丘高校

 私は兄が麻布学院へ通っていたこともあり、中学3年生のとき、麻布学院へ入りました。私はいままで塾という所へ全く通った経験がなく、ましてや中学3年生という時期に入学したので、授業についてゆけるかどうか最初はとにかく不安と緊張でいっぱいでした。しかし、麻布学院は私の不安や緊張を一気に吹き飛ばしてくれました。なぜなら、なんと言っても「面白くて、楽しい!!」ということです。「面白いなんて本当?」と思う人がいると思います。でも、本当に「面白くて、楽しい」塾なのです。
 クラスが少人数制ということもあり、先生と生徒の距離が近く、気軽に質問することができます。意外に自分でも気づかないうちに、自然に学力が伸びるところです。また、毎週日曜日にも学院には先生がいて、「わからないところ」や「ここが苦手」というところを、わかりやすく徹底的に教えてもらうことができます(もちろん無料)。私はどちらかというと、のみこみが悪いので、日曜日はせっせと学院へ通いました。そのおかげで完全に苦手部分を克服することができました。麻布学院の先生方には本当に感謝しています。
 私は、麻布学院へ入学して本当に良かったと心から思います。麻布学院の先生方、本当にどうもありがとうございました。

高校へ入ってからも役に立つ受験勉強ができた

M・Oくん

玉川中

都立大付属高校

 僕は、中3の二学期から麻布学院でお世話になった。受験に備えるには遅いスタートだったかもしれない。しかし、麻布学院の先生方は、クラスの進度とそろうように特別に個別授業で調整してくれ、一ヶ月後にはクラスになじむことができた。
 クラスは少人数制で、明るく楽しい雰囲気だった。とてもわかりやすい授業で、特に数学では、いろいろな考え方を示してくれたし、英語でも何通りかの表現の方法を教えてくれ、かなり応用力養成につながっていったと思う。先生方はどんな質問にも丁寧に答えてくれ、時々面白い雑学も話してくれた。したがって最後まで和やかでピリピリした空気にもならず、安心して受験の日を迎えることができた。もちろん、それには、一方で要所を押さえる授業の厳しさと月一回の模擬試験で自分のレベルや弱点を確認するという、受験指導があったからこそである。
 麻布学院には、“麻布学院ならではの良さ”がいっぱいあったように思う。僕たちには、高校受験合格という目標があったが、高校へ入ってからも役に立つ、今後につながる受験勉強ができたことをとても感謝している。

自分なりの良さをいくらでも見つけることができる塾

T・Aくん

田園調布中

武蔵工大付属高校・東海大高輪台高校・多摩大目黒高校・都立高専

 まず初めに断っておきます。僕がここに書いたことに関してお世辞は一切ありません。事実のみです。では、麻布学院の長所と、僕の体験を交えて感想など書いてみたいと思います。
 第一に、完全な少人数制(一クラス定員6名まで)で、学力別5段階に編成されていることです。大勢の中にいると自分はなかなか質問することができないタイプの人間で、時として理解できないまま次へ行ってしまうことがあります。でも、麻布学院では一クラスの人数が完璧な少人数制なので、こんな自分でも完全に理解できるまで質問ができました。
 第二に、宿題の量が適度だということです。他の塾へ行っていた友達の話では「毎回大量の宿題が出るので、消化しきれないまま答えを写していく」と言っていました。これでは余り意味がないように思います。麻布学院の場合は多くもなく少なくもなく、しっかりできる程度なのできっちりと身につけることができました。
 第三に、とにかく先生方が面白いということです。自分は勉強も大事だけれど、息抜きも大事だと思っています。麻布学院では勉強が一段落ついたときに、息抜きという形で3分から10分程度先生と話すときがあります。そのときに、先生方からいろいろな興味を引く話を聞かせてもらうことがあります。これは、先生方の方で、生徒の集中力の持続を考えてのことだと思います。80分間ずっと集中力が続くなどということはないように思います。人間の集中力は30分が限度と友達から聞いたこともあります。
 第四に、自習室についてです。入れる人数は他の塾に比べると少ないといえるでしょう。しかし、その分一人一人のスペースが広く、光も適度に取り入れられています。すぐに他のことに注意が向いてしまう自宅の机よりも自習室を活用したほうが集中できると思います。
 自分なりに四つの長所を上げました。しかし、麻布学院の良さはまだまだ沢山あります。自分なりの良さをいくらでも見つけることができる塾が麻布学院です。僕は麻布学院で勉強できたことを本当に良かったと思います。

ページの先頭へ
全コース1週間無料!!無料体験授業受付中
合格実績
合格体験記